FC2ブログ

お仕事日記の記事 (1/21)

床工事【豪】

先日 某法人さんの食堂の床工事に行ってきました。
床工事の流れを撮ってみたのでアップします。


中央部分にボコボコとした浮きがあります。
つまづく原因にもなりますので部分張替をしてほしいとのご依頼

1施工前


既存の床材を捲るとこんな感じ。
かなり下地の状態が悪く大変な状態でした。

2床材撤去後

通常であればセメントを取り扱う左官屋さんに入ってもらうレベルですが当社の床職人さんにかかればこんな感じで床を貼れる下地に早変わり・・・予定より下地処理剤が掛かってしまいましたが・・・

3下地処理後

その後 接着剤を塗りしばらく時間を空けます。この工程で床材がしっかり付くかどうかが決まります。

4糊塗布後

そして出来上がったのがこんな感じ。

同じ床材がもう無いため色の違いが出来てしまいましたがボコボコだった床が綺麗になりました。

5施工後


住宅の床工事はもちろん大手メーカーさんの工場や幼稚園から大学までの学校や企業さんの事務所などの内装工事、営繕、ビルメンテナンス等もやっております。

抗菌内装材でウイルスに打ち勝つ空間造りを提供しますので大小関わらずお気軽にお問い合わせください。

オーダー家具 【細原】

現在、世間では新型コロナウィルスの話題でもちきりです。

街中では、マスクの品切れが相変わらず続き、最近ではティッシュやトイレットペーパー
などまでがお店の棚からすぐになくなっていくという、異常な状況まで出てきている様
ですね。
一日も早く、安心して生活が出来る環境になって欲しいと思います。

さて、今回はオーダー家具(壁面収納)やり替え工事の現場をご紹介します。

もともと、造り付けの壁面収納家具が設置されていましたが、扉面材が黒色で全体的に
暗く、天井から床までが同じ奥行きの収納だったため、圧迫感がありよりお部屋が狭く
感じていました。


      Before

IMG_9591.jpg


IMG_9588.jpg

TV置きカウンターよりも上の奥行きを狭くし、両サイドの中央をガラス入り扉にして
全体的に圧迫感を感じにくい様に考えました。

色も、周りの壁紙や輸入家具とも合うように、全体的なバランスを考え現場で調合して
作った色で丁寧に塗装しました。

そして、完成したのがこちらです。


      After

IMG_0327.jpg


IMG_0331.jpg

お客様が別で手配されていたシャンデリアもよりいっそう引き立ち、高級感のある部屋へ
と変わりました。

お客様は、ガラス製の置物もお好きなようでこれから色々と飾っていくのが楽しみだと
おっしゃっていました。

クロス アクセント貼り 【細原】

テレビでは、毎日「新型コロナウィルス」のニュースでもちきりです。
国内でも、徐々に感染者が増えている様で人ごみの中への外出が
不安になってきます。

さて今回は、先日お伺いした現場の紹介です。

リビングの天井なのですが、中央部分に格子状の額縁が付いている
デザインになっており、現状が全体的に白っぽい色のクロスのため、
さみしい感じでした。

せっかくある額縁をいかして、何か良い方法がないかと言う事で、
部分的に色の付いたクロスを貼って、アクセントをつけ雰囲気を
変えるご提案をさせて頂きました。


          施工前

IMG_1586.jpg


IMG_1587.jpg



          施工後

IMG_1589.jpg


IMG_1591.jpg


IMG_1592.jpg



奥に見えている立派なカーテンとも、色合いや雰囲気がまとまりまして
より、ゴージャスな感じのお部屋と変わりました。

元々の個性的なデザインの天井ならではのリフォームでした。

床長尺シート貼り工事 【細原】

9月に入りましたが、まだまだ残暑のきびしい日が続いており、早く涼しく
なって欲しいと思う今日この頃です。

さて、今回は先日工事をさせて頂きました床の長尺シート貼り工事の現場を
ご紹介します。

某製菓大学の調理実習室の床ですが、もともとは塗床(塗装)になっていた
のですが、滑り止めが入っておりなかなか汚れが取りにくくなってきてました。
また、塗装もところどころめくれてきていたため、清掃性にも優れていて、
見た目にもきれいに何とかならないかとご相談を受けました。

そこで、今回は東リというメーカーが出している「アクアトレッド」という商品を
ご提案させていただきました。

厨房などにも使用出来る商品で、耐熱性、水はけ性、防滑性に優れています。

現場状況がこちら、

施工前

IMG_8722.jpg

IMG_9513.jpg


施工中

IMG_9834.jpg

既存の床は、滑り止めのザラツキがあるのと、油分や汚れが付着している
ため、直接その上に長尺シートを貼るには、メクレや浮きなどが発生する
リスクがあるため、左官屋さんにて一度、表面をシゴキ材で薄く均しました。

施工後

IMG_9908.jpg

IMG_9911.jpg

そして、最後に端部をシール処理して完成したのが上の写真です。

かなり、明るい雰囲気になり学校の先生がたや生徒さん達に大変
喜んで頂きました。

ジョリパット【豪】

ここの所バタバタしておりブログ更新もおろそかになりがちで申し訳ございません。

先日行いました工事ですが去年の地震にてタイルに亀裂が入りタイルの上貼りのお話をお聞きしました。

その現場がこちら・・・
施工前1

ですが一度見積してみるとタイルの工事って材料費と下地の状況などで結構な額になりかなりの予算オーバーで再検討することになりました。

で今回ご提案させていただきましたのがジョリパット塗という工事。

ジョリパットって何ぞ??

と思われる方も多いかもしれませんがジョリパットとは化粧板で有名なアイカ工業が販売している塗り壁材。

アイカ以外でも各社出しておりますが今回はアイカで決めて頂きました。見積額もグッとおさえることが出来ました。


では早速工事開始。

まず事前に電線近くに足場を建てる為に関電に防護管申請をします。

で仮設。
施工中足場

その後打診検査をし浮きや目地の溝、クラック等にカチオン(グレー)と言う材料でシゴキます。
その上に(ブルー)ジョリパッドを一塗りします。
施工中左官
この時点では未だタイルの目地が分かりますね。

施工中左官2

その後厚塗りしてパターン(模様)を入れていきます。
今回ブルーですが色数とパターンの種類もかなりの数がございますのでお気に入りの組み合わせが出来ると思います。

konnkou

で完成しました。

今回施工はスムーズにいったものの足場の撤去に回る鳶さんがなかなか都合つかず手間取りました。
まだまだ外周りの業者が忙しく大変な状況ではございますが一つ一つ仕上げていきたいと思います。