FC2ブログ

どうも経理の丸山です。

5月ももう終わろうとしております。

今月はサンゲツとリリカラから新しい壁紙の見本帳が発行されました。

サンゲツ FINE1000                             リリカラ V‐ウォール
sy150507-0101.jpg   sy150513-0101.jpg

それぞれのコンセプトを書いておきます。

サンゲツ FINE 1000
Taste of Life ~ 壁紙をファッションのように楽しむ ~ デザイン性豊かな“柄もの”と、それを惹きたてる“無地”の壁紙を充実させ、その幅広い組み合わせを コーディネイト提案します。「壁紙をファッションのように楽しむ」ことの魅力、楽しさを“Taste of Life” というテーマで訴求しています。
スタイル提案の強化 ~ インテリアをもっと身近に ~ ”北欧&ナチュラル“や”ヴィンテージ&ウッディ“のように、トレンドに沿った異なるスタイル同士の組み合 わせを新たに提案します。また、提案する空間全体のイメージが一般ユーザーにも分かりやすいように、 大きな施工例写真を掲載するなど工夫して紹介しています。
機能性壁紙のカラーバリエーションの拡充 医療・福祉施設などの物件でも安心して使用できる機能性壁紙、「不燃・フィルム汚れ防止・抗菌」 や「不燃・ルームエアー(消臭)」のカラーバリエーションを増強しました。高い機能性と意匠性を備え、 さまざまシーンでのより快適な暮らしをサポートします。

リリカラ V‐ウォール
For Every Lifestyle
New V-wallは家づくりにおける様々なシチュエーション、様々な年代の方へ新しいインテリアをお届けします。新築からリフォームまで幅広くお使いいただけるカタログです。
v-wall_img_02.gif
v-wall_img_09.gif
v-wall_img_20.gif

との事です。


一昔の壁紙は薄い色が多く柄もぼんやりとしてはっきりしないものが多かったですが、最近ではアクセントを入れるのが必須となり濃い色や柄のはっきりしたものが多くなりました。印刷の技術も上がり木目やレンガのリアルな表現が見られるようになりました。時間があればじっくり見てみたいなァーと思いました。

トラックバック