FC2ブログ

静岡営業所の佐藤です。

先日、地元、浜松のガーデンパーク(元、花博開催地)へ行きたくて、

浜名湖にさしかかり、はまゆう大橋を越えた頃、潮風と共に、

心地よい気分でボゥーと景色を眺めていたら、急に、目の前に

飛行機 がだだっ広い空き地に置いてあり、

びっくりしたて「花」のことは忘れて、すぐ車を停めて飛行機を見にいきました。

20150605_01.jpg


なんと、それは、2013年に公開の日本の歴史映画【飛べ!ダコタ】に使われた

英国軍輸送機ダグラスDC3という事がわかりました。

映画の内容は終戦からわずか5ヶ月のことで、昭和21年1月14日に

佐渡の小さな村に、ダコタが不時着して、戦後の混乱期であり、

敗戦後の日本人が複雑な心境でイギリスの乗組員11名を迎え入れ、

修理、整備の手伝い、村人総出で手作りの空港建設に着手、

国も言葉も越え、40日間に及ぶ心の交流と葛藤を描いた作品でした。

最後に国民学校の生徒が「蛍の光」を歌い、スコットランド民謡の

「オールド・ラング・サイン」と同じメロディが村人達とイギリスの乗組員達の

絆を深め、再びダコタを大空へ飛び立たせたというストーリーでした。

20150605_02.jpg


ちょっと衝撃をうけて、しばらくタイムスリップしたような不思議な気分でした。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック