FC2ブログ

落語 【神谷 光拡】

2017-09-25-01.jpg

久しぶりに落語を聞きに出かけました。
人間にとって、笑い ってとっても大事ですね! 
特に大阪人は生まれたころから笑いの中で育っているから笑いが生活の中で当たり前になっている。大阪では一般人でも自然とボケと突っ込みの役割が無意識に別れ、即座にその場を笑いの渦にするというパターンは特に目づらしくない。
そんな大阪では、プロはよほど面白いネタを探してこないとうけない。苦労は大きいと思うが大阪で売れたらどこでも通用するから、やりがいはあると思う。

皆 噺家はまず『マクラ』と言われる導入部分には、特に気を遣う。今のホットな話題を盛り込んだりして、お客と演者がお見合いをし、人柄を見てもらうように話が始まり、『本題』に入る。本題は古典落語が主流だが、中には新作落語や自作落語などが披露される場合がある。でも必ず最後に『落ち(サゲ)』があり、ここでそれまでの噺がどーっと完結し、笑いがピークになるという。昔ながらのなんと風情のある古典芸能だといつも思う。
それと、いつも感心するが扇子と手拭で、あらゆるものを表現するのも落語の面白いところだなーと思う。

皆さんもたまには、生の落語を聞きに行かれては?

トラックバック