FC2ブログ

フォーカルポイント【澄子】

 インテリアのセンスアップに欠かせないのが「フォーカルポイントを作ること」だと言われています。
 フォーカルポイントとはパッと目を引く場所、視線が集中する場所、見せ場という意味でこれを上手に作ることで素敵な空間作りが楽しめます。
13028.jpg 13027.jpg
13026.jpg
13025.jpg
 玄関なら季節を感じるものや思い出のものを飾ることでお迎えしたお客様にほっとして頂ける癒しにもなりますし、玄関は家の顔とも言われるので少し自分なりのこだわりを持たせることでおしゃれ感が演出できます。
 リビングなら部屋に入った時の向かい側のコーナー(角)は無意識に目が行く場所なので観葉植物やフロアライトを置くとか壁に絵を飾ると視線が安定します。ソファーのような背の低い家具を置くのも良いですね。

 アクセントウォールと言って壁の一面だけに違う壁紙を貼るケースがあります。例えばそれがリビングならテレビを置く背面、寝室ならベッドの頭側、トイレなら入った正面か一番広い壁に他の場所とはテイストの違う種類の壁紙を貼ると印象的になります。
 場所はどこにしても、自分の好きなものを飾るのが基本楽しいですしお迎えしたお客様とのお話のきっかけにもなります。

 それとフォーカルポイントを作ることで「見せたくないものに視線を向かせない」というカモフラージュ効果も望めます。印象がそこに集中することで近くにごちゃごちゃしたものがあったとしても気にならずにスルーして頂けます。
 飾りたいと思うものを決めたら今度は‟三角形の法則“で「背が高い、中くらい、低い」と高さの違いを考えて全体的に三角形になるように配置すると見た感じが落ち着きます。
 形、色、素材などの統一感を考えつつもどこかでアクセントのある色を加えるとお部屋のセンスアップがはかれそうですね。

トラックバック