FC2ブログ

抜け感 【澄子】

「抜け感」とは力みのないリラックスした感じのことを言います。
「抜け」のある部屋は心地良いので、頭をやわらかくして頑張りすぎずに自分らしい快適さとは何かを探すとか、素材そのままを生かしてピュアに仕上げるとか、既成概念にとらわれずに自由な発想で考えるという感じでしょうか。
 具体的に「インテリアの抜け感」とはどういうものでしょうか。
 目線の先に遮るものを置かず見通しが良い空間を指す視覚的な意味合いでの「抜け」は部屋を広く見せるコツとなります。
 家具や装飾品などの組み合わせや置き方をあえて少し変則的にして作り込みすぎないラフなスタイルを演出するといった意味での「抜け」はセンスアップにつながります。
10389-1.jpg
 例えば高さを抑えたロータイプの家具でまとめるとか、雑貨や照明器具を置く場所でバランスを調整し、あえてアシンメトリー(左右非対称)にするとか壁面の装飾を形、柄、素材、カラーの異なるもの
を並べると遊び心のある抜け感が演出できます。
10390-1.jpg
 ファブリックでもクッションを少し多めに置いて、カバーをある程度同系色でグラデーションを作り無地と柄物を組み合わせたり、大きさや形も変えたものをセッティングしたりするのも面白いかと思います。
10391-1.jpg

 昔は物で人が豊かさを感じたけど、今は「暮らしが人を豊かにする時代」です。
 楽しい暮らしをイメージしながらインテリアづくりを楽しまれてはいかがでしょうか。

トラックバック