FC2ブログ

「99.9%は幸せの素人」という本 【澄子】

20210326002.jpg
「99.9%は幸せの素人」という本を読みました。本屋で平積みされているのを手に取ってめくっているうちに、その読みやすさ故パッと買ってしまいました。
“幸せ”というフレーズはとっても魅力的です。
人はいつも、いくつになっても「幸せになりたい!」って思います。だけど幸せの基準は人それぞれの価値観で違うものだから一つにくくってしまえないものなのでここをどう説明付けるのだろうという好奇心が動きました。
私たちは学校で‟幸せになるためのメカニズム“を学んでこなかった、でもこの40年近くで「幸せに関する研究」が急激に進み、今人はどのような時に幸せ感が高まり、どんな行動をすると幸せを感じるかなどのメカニズムが科学的に明らかになっているとの説にそれはそうと共感しするすると読み進めました。
いろいろ参考になることはありましたが印象に残ったものをランダムに少しだけリストアップすると
自分を人と比較して考えない。
「人」「経験」にお金を使う。人生でうれしかったこと、感動したこと、そのほとんどは「経験」「体験」によるものだというデータがある。
ハーバード大学が75年にわたり「人の幸福度に影響を与える要素」についての研究〈ハーバードメン研究〉の結果、研究対象のトップ10%の「幸せな人生を歩んだ人たち」は人生で「温かな人間関係」を築くことができていたという事実。その人たちはまた他の人たちと比較して年収が高く専門的な分野で成功を収めた人も3倍多かったとされるそうです。
  ほんのひとかじりだけでしたがまたいつか他のデータも紹介したいと思います。
〈P.S〉
参考のため、本のタイトルとは正確を期するものではなく内容をインパクトある形で伝えるためのものという事だそうです。

20210326001.jpg

トラックバック